(共同経営に取り組む経緯)

 平成31年3月に熊本県内バス事業者5社、熊本県、熊本市からなる熊本におけるバス交通のあり方検討会を設置し、
県内全域のバス路線を対象に、あるべきバス路線網や利便性向上のためのバスサービス、それを実現するためのバス事業
の在り方を検討することになりました。
 以後5回のあり方検討会を開催し、令和2年1月27日に検討成果を公表しましたが、その中で、国における法改正を
待ち共同経営を目指すことを表明しました。

(検討成果の内容(一部抜粋))

■バス交通のあり方に関する今後の方向性

※第5回「熊本におけるバス交通のあり方検討会」(令和2年1月27日)資料より






(令和3年度以降の主たる取組)

No事業概要
「バス・電車100円の日」の企画実施公共交通の利用促進や、にぎわい創出等の様々な効果をもたらす「熊本県内バス・電車100円の日(仮称)」を実施予定
まちなかループバスの試行運行(検討中)共同経営事業の一環として、市が実施主体となり、熊本駅、桜町周辺、通町筋を循環する「まちなかループバス」を試行運行予定
新サービス(会費+割引)の実証実験バス利用促進につながる新サービス(新しい運賃・割引制度によるサービス)の実証実験を予定
共同経営計画第2版(電車通りの最適化)の策定熊本都市圏において複数のバス事業者が最も重複する「電車通り」の最適化を図るための計画を検討予定

(令和2年度の取組)

No事業概要
共同経営計画(第1版)の策定独禁法特例法(5/27公布済・11/27施行予定)に基づき、重複区間の最適化等の内容をメインとする共同経営計画(第1版)を策定し、国に認可申請を行うもの
重複区間の最適化需給バランスの調整による効率化や、等間隔運行等による利便性向上のため、重複区間の最適化に向けて、具体的な路線・便数・ダイヤ等を検討する
「バス・電車100円の日」の企画実施公共交通の利用促進や、にぎわい創出等の様々な効果をもたらす「熊本県内バス・電車100円の日(仮称)」を実施する
(新型コロナウイルス感染拡大防止を鑑み令和2年度の実施見送り)
分析システムの構築都市圏の運行計画検討、データ公表等に活用するためにデータ分析システムを構築する
路線バスのデータ公表あるべきバス路線網の実現(特に「コミュニティ交通への転換」等)に向けて、県民や自治体等のバス事業に対する理解促進を図るため、分かりやすい形で定期的にデータの公表を行う
バス利用促進につながる新サービスの導入検討利用者の利便性向上のため、会社の垣根を超えたエリア均一運賃、定額制運賃などの検討進める